ウサインボルトが敗北?収入や時速は?年齢に身長?側湾症の障害?

もうすぐ世界陸上が開幕しますね!

陸上界の星で人類最速の男
ウサイン・ボルト選手を
知らない人はこの世にいないのではないかと思いますが

今回はウサインボルト選手の
収入や年収
時速などについて調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール

フルネーム:ウサイン・セント・レオ・ボルト

愛称:ライトニング・ボルト

国籍:ジャマイカ

種目:短距離走

生年月日:1986年8月21日(26歳)

身長:196cm(6フィート5インチ)

体重:93.89kg(207ポンド)

自己ベスト

100m: 9秒58(2009年、世界記録)

150m:14秒35(2009年、世界最高記録)

200m:19秒19(2009年、世界記録)

400m:45秒28(2007年)

オリンピック

金 2008 北京 100m

金 2008 北京 200m

金 2008 北京 4×100mリレー

金 2012 ロンドン 100m

金 2012 ロンドン 200m

金 2012 ロンドン 4×100mリレー

世界選手権

銀 2007 大阪 200m

銀 2007 大阪 4×100mリレー

金 2009 ベルリン 100m

金 2009 ベルリン 200m

金 2009 ベルリン 4×100mリレー

金 2011 大邱 200m

金 2011 大邱 4×100mリレー

上の一覧を見てもらえば分かりますが
オリンピック、世界選手権共に
金メダルの嵐ですね!

ボルト選手がここまで来るのに
才能だけで登りつめた
と思っている方が多いと思うのですが、

実はボルト選手はとてつもない努力の人間
だということはご存知でしょうか?

側湾症の障害?

ボルト選手を見た時に姿勢が悪いのでは?
と思われた方も多いと思いますが、実は
彼は脊椎側湾症という障害を持っている為に、

生まれつき背骨が曲がってしまっているのです

※脊椎側湾症のレントゲン写真
(こちらはボルト選手のレントゲン写真ではありません)

ボルト選手の背中になりますが
右肩が下がっているのが分かりますね。

今では100m、200mと世界記録保持者のボルト選手ですが
陸上を始めた当初は、曲がった背中のために重心が安定せず
酷いフォームで走っていたそうです。

また曲がった背中の為、
走った際に骨盤が大きく揺れるせいで、

骨盤の下に伸びる太ももの裏側の筋肉
(ハムストリングス)に大きな負荷がかかり、
肉離れを起こしやすく、
ボルト選手は何度もこの肉離れに悩まされていました。

故障の多かったボルト選手は周囲から
アテネ五輪で引退するのでは?
なんて囁かれてもいたそうです。

 

しかし、コーチと二人三脚で徹底的な
ウエイトトレーニングを行うことで、

あらゆる箇所の筋肉強化を図り、
とうとう側湾症という障害を克服したそうです。

特に背中については曲がった背中をカバーする為に
相当鍛え上げられ、まるで鎧のようだとも言われていました。

強靭な筋肉に生まれ変わったボルト選手は
その後、世界記録を叩き出し、
人類最速の男と呼ばれるようになりました。

Sponsored Link

年収収入は?

オリンピックや世界選手権で次々に金メダルを獲得する
ボルト選手の年収、収入はいくらなのかも
気になる人も多いと思うのですが

現在の収入はなんと、20億円を超え、
30億円にも届くのでは
と言われています。

なんでも ボルト選手が試合に出ると、
スタジアムでの声援が地元選手よりも大きく、

大手企業らはこぞってボルト選手と
契約を結びたがっている為に
どんどん契約料が跳ね上がっているんだそうです。

企業が高額を支払ってでも
ボルト選手を起用したい理由に

やはり、ライトニング・ボルトの愛称や
弓をひくようなポーズで
人々から愛される彼のキャラクターもありますが、

先天的な障害を持ちながら
世界大会で次々に優勝し、

ハンディをチャンスに変えた不屈の姿
世界的な不況で業績が落ち込む企業が多い点と合致し、
世の中を一新させたい!という願いからきているようです。

年齢、身長?

ボルト選手の身長は196㎝になります。
短距離選手の平均身長が180㎝台になり、
190㎝以上の選手だとスタートの加速が鈍くなるため
一般的には
短距離には向いていないと言われています。

しかしボルト選手の場合には大きなストライドを活かし
中盤から後半追い込み型で
圧倒的な強さを見せています。

現在26歳のボルト選手ですが、

アテネで限界と言われ、
北京でも限界と言われながら、
それでも圧倒的な強さで
ロンドンでも金メダルを獲得しました。

ロンドンオリンピックでのボルト選手のトップスピードは
時速45.39㎞
世界記録を出した時よりも早かったそうです。

それにしても時速45.39㎞って凄いですよね(汗)
狭い道を走り抜ける車よりも速いっていうことですよね。

ただ、身体作りが他の人よりも大変な
ボルト選手の選手生命は

他の選手程長くないと思われます。

以前、サッカー選手になりたい
少年のように語ってもいますので、

実際にボルト選手の陸上での走りを見れるのも
あと僅かかもしれません。

26歳のボルト選手が今回の世界陸上で
どんな走りを見せてくれるか楽しみです。

絶対に金メダルとって欲しいですね!

敗北とは?

6月に行われたダイヤモンドリーグ2013の100mで
ボルト選手がアメリカのガトリン選手に0.01秒差の9秒95で敗れ
2位になってしまうという出来事がありました。

「エネルギーが不足していた。5歩目で少しバランスを崩した。

思うように後半に伸びなかった」と冷静に振り返った。

ただ、ボルト選手は200mでは
今季世界最高記録を出しているので
調子が悪いのとは違うようです!

世界陸上ではきっとボルト選手の強さを
見せてくれるでしょう!

YOUTUBE/2013HINO

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ