紅白歌合戦2014観覧方法!葉書の書き方や期限は?チケット倍率?

第65回NHK紅白歌合戦2014の司会が
吉高由里子さんに決定しましたね!

司会者が決まると紅白の楽しみもUPします。

そこで今回は紅白歌合戦の
観覧方法について調べてみました。

Sponsored Link

紅白歌合戦2014観覧方法についてや応募期限や注意点!

2014年の紅白歌合戦の申込は
まだ始まっていませんが

現在分かっている範囲でお伝えしていきます。

今年の応募方法が公式発表され次第加筆訂正していきます。

まず申込方法ですが公式サイトによると

入場無料ですが、事前のお申込みが必要です。
観覧申込みの受付は、
例年10月上旬に募集を開始しています。

郵便往復はがきで申込みを受け付け、
抽選のうえ入場整理券(1枚2人入場可)
をお送りしていますが、

平成18年度より、観覧は受信料を
お支払くださっている方に限らせていただいています。

と記されており、

応募方法については
昨年以前と同じような形になると予想されます。

まず、NHK紅白歌合戦の観覧に
応募申し込みをする場合、

『NHKの受信料』を支払っていることが大前提となります。

受信料を支払っていない場合は
観覧の応募申し込みを
することはできませんので注意が必要です。

応募方法は官製の往復郵便はがきに
必要事項を記入しNHKに郵送することで応募完了となります。

ハガキに記入する内容

【往信用表面】
下記のNHK住所を記入
〒119-0336
NHK「紅白歌合戦」公開係

【往信用裏面】
・郵便番号
・住所
・名前
・電話番号
・お客様番号

(お客様番号が不明な場合、

(募集期間中10月3日~23日
午前10時~午後6時30分)

「専用フリーダイヤル 0120-222-000」で確認が出来ます。)

【返信用表面】
・郵便番号
・住所
・名前

【返信用裏面】
未記入(何も書きません)

応募後12月上旬を目安に、
当選の場合は入場整理券、
落選の場合には落選通知が届きます。

抽選方法については代々木警察が立ち会いのもとで
厳正に抽出されます。

応募締め切り
10月下旬(2012年の前年は10月23日必着)

追記:今年は平成26年10月22日(水) 【必着】

Sponsored Link

NHK紅白歌合戦の観覧チケット倍率は?

NHK紅白歌合戦の観覧チケットが年々プラチナ化していますが
詳しい倍率をお伝えします。

■ 2010年 (第61回)
応募数: 759,480通
当選枚数: 1300枚
当選倍率: 578倍

 

■ 2011年 (第62回)
応募総数: 1,264,923枚
当選枚数: 1,234枚
当選倍率 : 1,025倍

 

■ 2012年 (第63回)
応募総数:1,172,420通
当選枚数:1324枚
当選倍率886倍

 

■ 2013年  (第64回)
 応募総数:1,427,153枚
 当選数:1,330
 当選倍率:1,073倍

震災のあった2011年が
飛び抜けて倍率が高かったのですが、

2013年も倍率が高くなっています。

これは恐らく紅白観覧の裏技を
使う方が増えているためだと思われます。

その裏技は後半で紹介します!

今年の倍率がどの程度になるのか気になるところですが、

今年も司会に”嵐”が決定していますので、
厳しい戦いになりそうですね。

当選した入場整理券は
プレミアチケットとして扱われ

オークションで高値で取引されることもあるようですが

基本的にNHKでは
入場整理券の売買は禁止しています。

NHKも対策を講じ
オークションで入場整理券が出品された場合
出品取り下げを行うように

主催者に呼びかけたりしているようですが、
実際に個人売買でのオークションを

完全に取り締まるのは現在の法律では難しいようです。

当選確率を上げる裏技とは?

観覧申し込みのはがきは
1人で何通応募してもOKですので

当選の確率を上げたい場合には
沢山のハガキを出すといいようです。

但し、当選するのは1契約で1枚(2名)のみになります。

中には100通出す強者もいるようなので
その為に当選倍率が年々増えてきているのでしょう。

100通応募ハガキを書くのは大変ですが、
皆さんパソコンでちゃちゃっと作ってしまうのでしょうか(笑)

今年は気合い入れてハガキ書きますか!?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ