お月見2013はいつ?由来や意味は?子供と一緒に作る料理レシピ!

『十五夜』とも言われている中秋の名月ですが
2013年はいつになるかご存知でしょうか?

十五夜と言われるくらいなので中秋の名月は旧暦の8月15日になり
今の暦でいくと毎年日付が変わります。

今回は2013年のお月見がいつになるのか
その由来や意味などと
せっかくのイベントなので
子どもと一緒に作る簡単な料理レシピをご紹介します!

Sponsored Link

お月見2013はいつ?

お月見を行う日はいくつかあるようですが
一般的なお月見として行われる日は
2013年は9月19日になります。

由来や意味は?

『お月見』『十五夜』『中秋の名月』など
いろいろと呼ばれていますが、

日本や中国では古来から(日本では縄文時代から)
月を慈しむという習慣があり、
秋の夜空、『十五夜』の日に輝く月を単純に眺めて楽しむという習慣
夏野菜の収穫が終わり、稲刈りが始まるまでの手があく時期に
神様に収穫の感謝をするという儀式が合わさったものがお月見のいわれとなります。

中秋の名月の意味ですが
中秋は秋の中日で、旧暦の8月15日のことを指しています。

お月見は日本独自のものだと思いがちですが
中国から伝わってきた文化という説もあり
中国でももちろん行われていますが
中国以外にも
韓国、台湾、香港、ベトナムでも行われている行事になります。

韓国、台湾、香港では中秋が休日になるほど
重要な行事になるそうです。

中秋の名月は毎年満月になる訳ではなく多少のずれがあります。
2013年の今年は満月になり
次の中秋の名月が満月になるのは2021年と当分先になるので

今年のお月見は満月をぜひ楽しんで下さいね!

こちらの記事もあわせてどうぞ
敬老の日2013はいつ?贈って貰ってうれしいプレゼントランキング
⇒月見バーガー2013の販売期間はいつまで?値段が高い?中身は?

Sponsored Link

子供と一緒に作る料理レシピ!

”簡単お月見団子”

上新粉100g
白玉粉100g
砂糖大さじ4
お湯160ml

①お湯以外の材料をボールに入れて軽く混ぜあわせる
②お湯を少しずつ加えながら手でこねる。(熱い場合は菜箸で混ぜる)
③生地が触れる温度になったら手でこねて耳たぶくらいのかたさになるようにこねる。
 ※最終的に耳たぶくらいのかたさになるように
  水の量は加減しながら加えていきます。
④手で1口大に丸める。
④鍋にお湯を沸かし、③の丸めたお団子を茹でる。
⑤浮いたら出来上がりなので冷水にとり粗熱が取れるまで冷やす。

材料も少なく上新粉と白玉粉さえあれば
作れるので子供と一緒に作りやすいです!

お団子を茹でる際に熱湯を使うのでその辺りは注意が必要ですが
丸めるのは子供でも出来るので
親子の良いコミュニケーションになります。

アレンジであずきの缶詰をかけてもいいですし
お団子を丸める時に中にあずきやチョコレート、チーズ
などを入れるとロシアンルーレット的な感じになって
子供たちが盛り上がります。

”簡単まんまるおにぎり”

①ご飯に塩をまぶす。
②ラップで1口大のご飯を丸め、まんまるのおにぎりを作る

レシピってほどのものではないですが
お団子を作るのは面倒だという方には
おにぎりでも雰囲気が出せますし
ラップを使えば子供でも簡単におにぎりが作れるのでぜひ作ってみて下さい。

大体1合でまんまるおにぎりが15個程度作れるので
お団子のように積み上げるとより雰囲気が出ます。

アレンジでおにぎりの周りに
ふりかけや鮭フレークをまぶしてあげると
子供がよろこびますよ!

付け合せにはまんまるのプチトマトもお忘れなく^^

お月見は見過ごしがちなイベントですが
今年は満月です!
せっかくなので、満月を見ながらまんまるのお団子やおにぎりを
食卓に並べて
秋の夜長を楽しみましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ