雷が鳴ったら外出中の避難方法や家の中の対策で気をつけることは?

なんだか最近ゲリラ豪雨の影響もあってか
雷が発生することが多く被害が多発しています。

雷ときくと夏に向けて梅雨時期に発生したり
夏真っ盛りの夕立ちで発生するというイメージが強いのですが

今年の秋雨前線ゲリラ化する可能性が高いそうで
まだまだ雷に気をつけなくてはいけない時期のようなので

雷から身を守るための記事を作成しました。

Sponsored Link

雷が鳴ったら外出中の避難方法は?

一番怖いのが外出したり、出かけている時に聞く雷の音ですよね。
そんな時に雷の音が聞こえてきたら注意する方法ですが

まず雷が鳴った時に自分がどこにいるのかにもよりますが
もし近くに避難できる建物があるのであれば
なるべく頑丈そうな建物の中に避難しましょう。
そこで雷がどこかにいくまでやり過ごします。

もし万が一逃げ込めるような建物がない、外にいた場合は
雷は高いところに落ちやすいと言われているので

公園の広場やゴルフ場などで立ちすくんでいると
自分に雷が直撃する可能性があるので
なるべく身体を低くして、くぼ地などの低い場所に移動します。

急な雨の場合木の下などに逃げ込みたくなりますが、絶対にいけません。
雷が鳴っている場合、木に雷が落ちる可能性が高く

その場合、木から自分に雷の電流が伝わってしまい
被害を受けることとなります。
実際に雷事故の8割がこの側撃という
木の下で雷を受けた事故によるものだと言われています。

またゴルフ場などで雷が聞こえてきたら
ゴルフクラブや傘などは頭上に掲げると危険ですので
すぐに手放して避難する必要があります。

休憩所のような建物に避難した時には、
柱や壁の近くにいると雷が落ちた場合、
屋根から伝わった雷が飛び移って、感電するケースもあるため、
なるべく建物の中心にいた方が良いでしょう。

ゴルフや登山、ハイキング、海や川でのキャンプ、釣りなどは
雷に遭遇した場合逃げ場が少なく危険な為
外出前に雷の予報をよくチェックし
注意報などが出ている場合はレジャーは中止しましょう。

こちらの記事も併せてどうぞ
スズメバチ対策は服装から!遭遇した時は?ペットボトルで巣を回避!
猛暑2013暑さはいつまで続く?今年の関東の紅葉シーズンはいつ?

Sponsored Link

雷が鳴ったら家の中で気をつけること!

落雷が起きた場合、家の中にいても
雷の被害を受けてしまうことがあります。

その対象が家電製品やパソコンなどの電子機器になります。

直接自分の家に雷が落ちなくても、近所で落雷があった場合
電線や配管などを伝って、家の中に雷が入り込み
そこからコンセントや電話回線などを伝って
テレビや電話、パソコンなどが故障することがあります。

その為雷が鳴っている時にはパソコンの電源は
コンセントから抜いておくようにしましょう。

ただ、外出が多い場合には
パソコンの電源を抜くというのは難しいので
日頃から雷対策を施しておく必要があります。

簡単に手軽に雷サージ対策を行う方法に
パソコンのコンセントを
雷ガード用のタップに付け替えるという方法があります。
比較的安価な金額(1000円前後)で購入出来るので
現在使っている電源タップを
雷ガード用の電源タップに変えてしまうと良いと思います。

また、タップによって耐えられる電圧に差があるため
予算と相談しながら導入するタップを選択しましょう。

ただ、落雷が起きていなくても雷が鳴っている場合には
まだ気を抜いてはいけません。

雷が鳴っている時に一瞬だけ部屋の中が暗くなるのを
体験したことがある人は多いと思いますが、
これは一瞬、電圧が下がる現象で『瞬電』といいます。

この『瞬電』や『停電』については
電化製品についてはさほど影響はないのですが
パソコンなどの情報機器では故障してしまう可能性があります。

それらを防ぐには
UPS(無停電電源装置)を導入する必要があります。
UPS(無停電電源装置)はコンセントとパソコンの間に
挟んで接続しておくことでパソコンの故障を回避することが出来ます。

しかし、雷はコンセントを伝うだけではなく
電話回線を伝う場合もある為
雷が鳴っている間はコンセントやLANケーブル、
周辺機器などもパソコンから外してしまう方法が一番安全です。
※周辺機器から雷が伝い、パソコンが故障する可能性もあります。

最近はSOHOで働く人が増え
自宅でPCを利用している人が多く
雷が鳴っている間も作業をしている人も多いですが

PCが突然クラッシュしてしまっては泣くに泣けませんので
雷が聞こえ始めたら
電源を落として、コンセント、LANケーブルなどは外すようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ