睡眠ホルモンを出す方法?肥満予防?主治医の見つかる診療所9月2日

9月2日の『主治医が見つかる診療所』では睡眠ホルモン”の出し方についてをテーマにぐっすりと眠ることで身体に起こる不調や肥満を撃退する方法を放送するそうです。

現代病とも言われている睡眠不足ですが、睡眠不足による身体に起こる不調は頭痛、胃の不調、糖尿病、うつ病など多数に渡ります。

夜ぐっすり眠ることは病気の予防やダイエットにも効果的なので現在、睡眠不足に悩む人は必見になります。

Sponsored Link

テレビが遅い時間までやっていたり、パソコンやスマホの普及が進み夜遅くまで起きている生活が多かったり、生活が不規則になりがちだったり、仕事や学校でストレスを抱えていたりなどの理由から、現代人の多くの人達が不眠に悩んでいます。

 眠りたい時に寝るのに必要なのが”睡眠ホルモン”になります。

この”睡眠ホルモン”を上手に出せるようになると、不眠とはさよなら出来ますし、病気や肥満の予防にもなると言われています。

代表的な睡眠ホルモンや出し方

睡眠に関係する代表的なホルモンにメラトニン成長ホルモンセロトニン があります。

メラトニンは睡眠と覚醒 のサイクルをコントロールすると言われているホルモンで、暗くなると出てきます。そのため、夜暗くなるとメラトニンの分泌が高まり身体に「眠れ」と司令を出すために眠くなります。メラトニンは「天然の睡眠薬」ともいわれています。また抗酸化作用があり、老化防止や免疫力をあげる効果があるといわれています。

メラトニンの量は光の量に関係があり、部屋の照明をコントロールすることでその量が変化します。その為、就寝前の1~2時間前から部屋の照明を落とし、テレビやパソコンを控えるようにするとメラトニンがたくさん出てくるため快眠に繋がります。逆に、昼でも夜でも常に明るいところにいると、メラトニンの分泌量が減少してしまい不眠に繋がります。睡眠時間が昼夜逆転している人は、寝る時は遮光カーテンを閉めて部屋を暗くすることも大切です。

成長ホルモンは、睡眠に入るとわりとすぐにでてきます。骨を伸ばしたり、筋肉を増やしたり、痛んだ組織を修復したり、脳を休ませて心身の疲れを回復させるといったはたらきがあります。 また、お肌の新陳代謝や脂肪分解効果があります。脂肪分解効果によりダイエットに効果的だと言われています。

セロトニンは、睡眠している時にはほとんど出ていませんが、朝起きて光を浴びた刺激によって分泌を始めます。
脳にある神経伝達物質で、「癒しホルモン」ともい われ、心を安定させる効果があります。セロトニンが不足すると、うつ病などに繋がる場合があります。

その他に大事なことは朝食を必ず食べるということです。朝起きて光を浴びることで体内時計のずれを修正しますが、正しい時間に食事をし内臓をしっかり動かすことも体内時計のずれの修正に繋がるため、朝食はしっかり食べましょう。

また寝る前に飲むと効果的だと言われている飲み物が牛乳と言われています。
牛乳に含まれるカルシウムには脳神経の興奮を抑える効果があり、またイライラを解消する働きがあると言われています。またアミノ酸の一種でトリプトファンはメラトニンになるため脳に作用しやすく眠りを誘い出すので不眠に効果的だと言われています。
寝る前にたくさん飲み過ぎると肥満の原因になりますが、お腹がすいて眠れない時や寝付けない時には牛乳を飲むと効果的です。

スムーズに眠りにつくには、寝る1~2時間前から脳をリラックスさせておくことが必要です。

寝る1時間前くらいからはパソコンやゲーム、携帯などの画面は見ないようにし、その代わりに37~39度位のぬるま湯のお風呂にゆっくりと浸かることで心身ともにリラックス効果が高まり、自然な入眠へと繋がります。

 番組ポイント(1)

睡眠ホルモンを、正しく出す為に良い事。
・毎朝、決まった時間に朝日を浴びる。
・日中には30分以上、太陽の光を浴びる。
・照明の光は、暖色のものを選ぶ。
・歯磨きは寝る1時間以上前に済ませる。

 

番組ポイント(2)
理想的な快眠の為には…
・タンパク質をきちんと取って、睡眠ホルモンの量を増やす事。
・空腹を無理に我慢しないで、覚醒ホルモンを出さない事。

 

番組ポイント(3)
快適な眠りを妨げる大きな原因は…
・心のストレス
・体のコリ
ストレスを上手に解消して、コリを解消する事が、快眠への近道となる。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ