広田レオナの教育法!子供の名前や学校は?貧乏?タトゥー画像!?

9月3日に放送された広田レオナさんの『もてナイ』での子育て法がためになる方法だったと話題になっています。

そこで普段は自由奔放に見える広田レオナさんが行ってきた子供の教育法や子供にまつわる情報、広田レオナさんの噂に迫って調べてみました。

Sponsored Link

広田レオナの教育法!

9月3日の『もてナイ』で子供を名門校に合格させるための対処法としてお子さん二人を超名門中学校に合格させた広田レオナさんの方法が紹介されました。

放送内容の中でのポイントは以下の2点でした
・睡眠を8時間はとらせる
・子供にしっかりスケジューリングさせる

広田レオナさん談
子供が受験をしたいと言うために塾に行かせたが、塾にかかる費用は莫大な金額だったという。塾に費用がかかるというのに、塾は親にもいろいろと要望を言ってきたそうです。
「うちは8時間寝かせていたんですけど、8時間寝かせていることがおかしいって塾は言ってくるんですよ」「普通は4~5時間しか寝ていないって!」
しかし広田さんは8時間寝かせることはどうしても曲げられなかったそうです。

また学校がない日はお子さん自身がその日1日、朝から寝るまでの間を細かくスケジュールを立てて(起床時刻から始まり、朝食は7時~7時30迄、トイレは何時など細かく予定をたてるそうです)そのスケジュール通りに過ごすそうです。

結局のところ受験は親子の共同作業であり、最終的にはママとマンツーマンで目を離さないで付きっきりでやるしかないと語っていました。

教育評論家の尾木ママが広田さんの教育法を分析した結果としては
普通は塾が言うことにママもマインドコントロールされてしまい、すべてその通りに従ってしまうが、
塾が言うとおりにうまくやっていける子もいれば、中には精神的に潰れてしまう子供もいる。

しかし、広田さんの「冗談じゃない、うちは8時間は寝かせるんだ」というすべて塾の言いなりにならないという強い信念が、子供の安心感に繋がる。

教育学的にはママまでもが塾の先生と同じような顔つきになってしまっては終わりであり、
自分の考えは自分の考えでしっかりと持ち、塾に依存するところはしっかり依存することで両者のいい関係を保つことができ成功につながったのではとのことでした。

東大に受かった子達は”時間”の使い方が非常に効率的で、小さな頃から時計を見ながら行動していたと他のテレビ番組でも紹介されていたこともあるので、スケジュールをたてて、きちんとその通りに行動するという行為は教育上とても良いことなんだなと改めて実感しました。

子供の名前や学校は?

長男は俳優の広田雅裕さんで現在26歳。中学高校は慶応です。
長男の父親は、広田さんが吹越満さんと再婚する前のお子さんになるので歯科医師の一般人です。

長女は13歳で咲耶(さくや)ちゃん。学校は公になっていませんが都内の有名中学となると頌栄女子学院(偏差値67)品川女子学院中等部(偏差値64)あたりではないかと思われます。

貧乏?

広田レオナさんと共に貧乏というキーワードで検索されているようですが、広田さんは裕福な家庭に育ち、小さな頃からバレエの英才教育を受け、中学卒業後にはベルギーにバレエ留学もしています。
テレビ出演した際に家には女中さんがいたことや、幼少の頃に3回誘拐されたことを語ったことがあるのでかなりの大富豪の家に育っているようです。

タトゥー画像!?

広田さんの三角地帯にはタトゥーが入っているという噂がありますが実際には吹越満に入っているようです。

凄くやばいところにLIONSだったら面白いですね(笑)

最近真木よう子にも似ていると言われていますが、彼女の年齢は50歳です。若いですね。自由奔放に見えてしっかり子育てしている姿に尊敬します。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ