土浦全国花火競技大会2013日程いつ?駐車場に穴場情報!混雑は?

茨城県土浦市で行われる土浦全国花火競技大会ですが、煙火業者約60社が集い、その腕や技を競う国内屈指の大会となります。

日本三大花火大会の1つと言われ、質や規模に関しては全国的にも最高峰の花火大会と言われています。

茨城での花火大会ですが毎年70~80万人近くの見物客が集まる程人気の花火大会になります。

Sponsored Link

日程・概要・アクセス方法など

日時
2013年10月5日(土) 18:00~20:30
荒天時は日程は延期となり、
(10月6日(日)もしくは、12日(土)~14日(月)のいずれかの日に振り替えになります。)

場所
桜川畔(学園大橋付近)

アクセス方法
電車の場合~
JR土浦駅西口から約2.5km 徒歩約30分

徒歩移動となると駅から30分程度かかりますが、花火開催時は専用のシャトルバスが運行します。(現地まで10分程度)
シャトルバスについてはバスに乗るまで20~30分ほど並ぶ場合もあるようなので、歩いたほうが早い場合もあるようです。

帰りのバスもかなり混雑するので、混雑を避ける場合は名残惜しいですが、最後の花火の途中で移動を開始した方が良さそうです。

混雑状況

車の場合
東京方面から
常磐自動車道 桜土浦ICから約5㎞

水戸方面から
常磐自動車道 土浦北ICから約5㎞

駐車場は花火大会のために多数用意されていますが、夕方には埋まってしまっている事が多かったり、会場周辺の道路は想像以上にかなり混雑し午前中から混雑が始まり午後3時には渋滞が始まるため、早めの会場入りを心がけましょう。
駐車場については13:00から開けるところが多いようです。

また花火大会自体は20:30に終了になりますが、遅くまで周辺が混雑している場合もあるようなので、小さな子どもを連れての花火鑑賞の場合にはかなり早めに行動して、最後の花火の打上げが始まった頃には帰り支度を始めたほうが良いでしょう。

周辺地図、駐車場情報
花火大会交通規制図

打上玉数
約2万発

露店
約1,000店の露店が並びます!

特徴・みどころ
土浦全国花火競技大会の最大の特徴は花火競技大会ということですので、どの花火も素晴らしいです。

競技部門の花火については
・スターマイン
・10号玉
・創作花火
この3つの部門に分けられます。

この3部門の中で最も優れた煙火店には内閣総理大臣賞が送られるため、どの煙火業者も自慢の腕を奮った花火を披露するためどれも素晴らしい作品に仕上がっています。

おすすめの穴場スポット

有料の桟敷席の後ろ側は田んぼになっており、周りに高い建物がないため比較的どこから見ても花火はよく見えるようです。
しかし全国から70万人もの人達が集まるため、会場周辺は夕方になると既に混雑しているようです。

屋台街を歩いていると田んぼが見えてくるため空いていたら座ってそこで鑑賞すると良いようです。

おすすめの穴場スポット
桜川の河川敷沿い
花火の打上が桜川になりますし、河川敷が広いため比較的観覧する場所を確保しやすいようです。
夕方位までに行くと、花火が見やすい場所を確保出来るそうです。

滝田周辺の空き地

土浦駅東口にある場所で、打上げ場所からはやや距離がありますが高い建物がなくて見やすいようです。
移動が少ない分、電車移動の人はここで見るのもいいかもしれませんね。

霞ヶ浦総合公園

地元の方はここから見る人が多いとか。
打上げ場所からやや距離がありますが高い建物がないため花火が綺麗に見えるようです。

他にもいろいろ土浦駅の駅ビルなど穴場スポットはあるようですが、せっかくなので少し早めに会場周辺に足を運んで屋台グルメを味わうのもいいですね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ