インフルエンザ予防接種 受験生や乳幼児の最適接種時期はいつ?

これから冬に向けてインフルエンザが流行してきますが、受験生が受験時期にインフルエンザにかかると人生を棒に振るう可能性も出て来ますし、

保育園に通乳幼児がインフルエンザにかかると両親どちらかが1週間近く仕事を休まなくてはいけない状況になるため

両者は最もインフルエンザにかからないように注意しなくてはいけません。

そこで、受験生や乳幼児の最も有効な接種時期や回数などについてご紹介します。

Sponsored Link

インフルエンザ予防接種 効果期間はどの位?いつ打てばいいの?

まずインフルエンザ流行時期ですが、

だいたい毎年11~12月頃からインフルエンザにかかる人たちが徐々に増え、ピークになるのが1月~3月になります。

その為、予防接種に関しては流行時やピーク時に合わせて摂取していく方法が最も良いとされています。

 

インフルエンザの予防効果期間についてですが、

インフルエンザの予防接種を行ってから大体1週間~2週間程度で身体の中に抗体ができ始めます。

それから3~5ヶ月程度で抗体が徐々に低下していくため、予防接種の効果の期間は大体接種後2週間~5ヶ月程度と言われています。

(※体調や環境によって効果期間は変わってくると言われていますが、一般的には4~5ヶ月程度と考えて良いようです。)

 

乳幼児のインフルエンザのワクチン摂取については、生後6ヶ月以上から接種可能となります。

ただし1歳未満の乳児へのワクチン接種は効果の程が証明されていません。

その為、1歳未満の乳児がいる家庭は赤ちゃんに摂取するのではなく、

その家族(両親や兄弟)が予防接種を行い、インフルエンザにかからないようにする必要があります。

 

1歳以上の幼児や子ども(13歳未満)に関してはインフルエンザの予防接種は2回受ける必要があります。

なぜ子どもだけインフルエンザの予防接種を2回行う必要があるかというと、

2回接種することで、免疫力を数倍に高める効果(ブースト効果)があるためとなります。

そのため子どもに関してはインフルエンザの予防接種は2回接種が推奨されています。

 

子ども(13歳未満)に予防接種する場合、

1回目の予防接種をしてから2回目の摂取まで2~4週間あける必要があり、

最もインフルエンザの予防効果が高くなるのが2回目摂取後の1ヶ月後位と言われているため、

1回目を10月後半~11月上旬、2回目を11月中旬~下旬に摂取すると

インフルエンザのピーク時期である1~2月を一番予防効果の高い状態で乗り切ることができます。

早めにインフルエンザの予防接種を行うと、3~4月の後半時期をカバー出来なくなる可能性もあるので気をつけましょう。

 

もし万が一2回目の予防接種が4週以上空いてしまった場合、

4週以上空いてしまったからといって2回目を摂取しないと諦めるのではなく、2回目の接種は期間が空いたとしても必ず受ける様にしてください。

中には予防接種を行っていてもインフルエンザにかかってしまうケースもありますが、

予防接種を行っていると軽症で済みますので出来るだけ予防接種はするようにしましょう。

Sponsored Link

受験生受験シーズンの1~2月にしっかりとインフルエンザ予防するのであれば

11月上旬頃に摂取するのが一番理想的になります。

11月上旬に摂取すると、11月後半から3月後半までインフルエンザの予防効果期間に入るため、

1月~2月の一番大切な受験時期をカバーすることが出来ます。

受験生の場合には遅くとも11月中には予防接種を受けるようにしましょう。

インフルエンザの予防接種が遅くなり、12月にインフルエンザに罹患し、最後の追い込みが出来なくなってしまっては泣くに泣けません。

 

最近の論文で成人についても1回だけの予防接種よりも2回行った方がその予防効果は高いと言われています。

受験生についても医師に相談して2回接種した方がインフルエンザ予防については効果的になります。

 

インフルエンザは湿度に弱いと言われています。

万が一、家族やクラス内でインフルエンザにかかる人が出た場合には、

加湿器を使用したり、加湿器がない場合には洗濯物を家の中に干したり(洗濯物がない場合は塗らしたバスタオルを干すだけでも効果的です)

手洗いはもちろん、出先では必ずマスクをして過ごすようにするなど工夫しましょう。

病院によっては9月頃からインフルエンザの予防接種の予約を開始するため、なるべく早めに予約するようにしましょう!

2014-2015インフルエンザについてはこちら

インフルエンザ2015-2016流行状況に初期症状や特徴に対策予防?

2015年 インフルエンザの予防接種は腫れる!

2015年今年のインフルエンザの予防接種をしてきましたが、今年のワクチンは4種ワクチンになった為か、かなり腫れました

2歳の次男の腕は冗談ではなく1.5倍位の太さになっていました。

副反応だと分かりながらも心配して病院に電話すると、今年のワクチンはとても腫れる子が多く体調に変化がなければ様子を見て下さいと言われました。

2.3日は腫れるかもしれないと聞いていましたが、うちの次男は1週間程腫れが続き、痛がゆかったのかしばらくポリポリと掻いていました。

Sponsored Link

“インフルエンザ予防接種 受験生や乳幼児の最適接種時期はいつ?” への1件のフィードバック

  1. okuda0209 より:

    最適接種時期があるとは知りませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ