箱根駅伝2014出場校に優勝順位結果予想!注目校に注目選手は?

2014年1月2~3日で第90回箱根駅伝2014が開催されます!

箱根駅伝は毎年お正月に行われる風物詩となっていて、箱根駅伝を見ないとお正月を迎えたという気がしないという方達も実は多いのではないでしょうか!?

そこで今回は箱根駅伝に参加する出場校結果予想も含めて注目選手注目校をまとめてみました!

Sponsored Link

箱根駅伝2014出場校

まず2014年の箱根駅伝は第90回という節目の記念大会になるため、いつもの年よりも3枠多い23校で争われます。
また毎年編成されてている関東学連選抜チームについては2014年度については編成されません。
(※関東学連選抜チームとは、惜しくも予選大会で敗れてしまった大学の上位実力者達を集めて編成されたチームのことになります。)

2013年の年始に行われた第89回箱根駅伝から10位以内のシード校は下記の通りとなります。

優勝:日本体育大学(往路・総合優勝)

2位:東洋大学

3位:駒澤大学(復路優勝)

4位:帝京大学

5位:早稲田大学

6位:順天堂大学

7位:明治大学

8位:青山学院大学

9位:法政大学

10位:中央学院大学

2013年10月19日(土)に東京・立川で残り13枠をかけて箱根駅伝の予選会が行われましたが、そちらの結果については下記の通りになります。

上位13校予選通過順

1位:東京農業大学

2位:山梨学院大

3位:東海大学

4位:神奈川大学

5位:国学院大学

6位:大東文化大学

7位:専修大学

8位:日本大学

9位:拓殖大学

10位:城西大学

11位:上武大学

12位:中央大学

13位:国士舘大学

Sponsored Link

優勝順位結果予想!注目校に注目選手は?

2014年 第90回 箱根駅伝の優勝校の予想ですが、
ネット上では去年の大会で優勝している日体大がやはり去年の勢いに乗って今年もそのまま優勝するのではないか!という意見が比較的多いようです。

というのも箱根駅伝の歴代の優勝校を調べてみると一度優勝すると、そこから波に乗って連続優勝するケースが比較的多く、そのため今年も日体大が優勝する可能性が高いと言われています。

また2013年10月14日に行われた6人制の出雲駅伝では駒沢大学が優勝していますが、個々の成績自体もやはり駒澤大学のメンバーが秀でているため、駒澤大学も優勝候補の1つとして注目されています。

個人的には2009、2010、2012年と優勝している東洋大学に雪辱を果たして欲しいなという思いもあります。

今大会の注目選手ですが
東洋大学の設楽兄弟に注目が集まっています。
お兄さんの設楽啓太選手はキャプテンを努め、弟さんの設楽悠太さんは副キャプテンと兄弟で部を牽引しているとか。

1年生の頃から活躍しているため実力には申し分ありません。
お兄さんの啓太選手が今年4年生で最後の箱根駅伝になるため、兄弟の力が発揮されるのではないかと予想しています。

そして、なんといっても山梨学院大学のケニアからの留学生のエノック・オムワンバ選手にも注目が集まっていますね。

箱根駅伝予選会でも優勝していますし、2013年の関東インカレでは1500m、5000m、10000mで優勝してます。1500mに関しては大会新記録を叩きだしています。
彼のスタミナには驚かせるものがありますので、後半の追い上げにも注目して欲しいと思います。

また、山梨学院大学4年生の森井勇磨選手もある意味注目の選手となっています。
通常であれば昨年2013年の箱根駅伝に出場予定でしたが大会直前に疲労骨折と診断されたために、憧れの箱根駅伝出場を逃してしまいました。
彼の箱根駅伝にかける気持ちは強く、憧れの箱根駅伝で走りたいと1年留年することを決めました。
去年出場できなかったという悔しさをバネに2014年の箱根駅伝ではどこまで記録を伸ばせるかという所にも注目して欲しいと思います。

今年の箱根駅伝も楽しみですね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ