水沢アキが息子ジュリアンにDV?娘フランキーの確執や離婚理由は?

6月9日(月)に放送される
『私の何がイケないの?』
子供を殴る母親として

女優の水沢アキさんと
息子のジュリアン・スィーヒさんが出演されます。 

そこで、今回は水沢アキさんが
ジュリアンさんに行ったDVや

現在テラスハウスに出演している
水沢アキさんの娘さん
フランセス・スィーヒさん(愛称:フランキー
との間に生じている確執などについて調べました。

Sponsored Link

水沢アキの離婚原因理由とは?

水沢アキさんは1986年に
アメリカ人の実業家
ガイ・スィーヒさんと国際結婚をされています。

ガイ・スィーヒさんは
現在、日本の英語教育でもお馴染みの

ワールドファミリー
ディズニーの英語システム

などといった、
英語教育プログラムの
学習システムを開発した
かなりの実業家になるのですが、

水沢アキさんと結婚された
記者会見の時には

芸能レポーターから
水沢さんのどこを好きになったのか?

という質問に対し、
ニヤッと笑って『body』と答える強者だったとか(笑)

その後、2人は
1男1女の子供を設けますが
結婚から7年後に離婚されています。

離婚に至った経緯ですが、
離婚会見の際に

水沢さんがどうしても、
芸能界で仕事を続けたかった
ためだと発表しています。

水沢さんのご主人は、
一家の大黒柱として

家族が生活する以上の収入を得ているのに
なぜ妻が外に出て働く必要があるのか?

奥さんには家で家事をこなし、
温かいディナーで家族を迎えて欲しい。

と、奥さんには家庭に入り
家族を支えて欲しい
という考えをお持ちだったそうです。

そのため、会見で水沢さんは

「自分のわがままだけど、お互い違う道を行こうということで納得しました。」

と語っています。

またご主人のガイ・スィーヒさんは

当時取材された芸能記者に対し

「アキはスーパーで買ってきた刺身を、
お皿に移し変えず
発泡スチロールのトレーごと出すような
家事に手を抜く女なんですよ」

と、水沢さんの手を抜いた主婦の姿に
かなり腹をたてた様子で対応をしたこともあるそうです。

実業家として日々忙しく仕事をこなし、
奥さんの美味しいご飯を楽しみに帰ってきて、

冷えたスーパーのお惣菜が
そのままテーブルに置かれている
日々が続いたとしたら…

一生大切にすると誓い合って結婚した2人でも、

奥さんを大切にしようという気持ちが
少しずつ薄らいでしまうのも
仕方がないような気もします。

水沢さんもガイ・スィーヒさんが
アメリカ人ながら、
亭主関白的な考えをお持ちで
苦労されたのかもしれませんが、

2人の間に生じたすきま風は
だんだんと強風となり
結果、離婚に繋がってしまったと。

2人が離婚した後は
水沢さんがお子さん2人を引き取り
子育てを行っていたそうです。

現在テラスハウスに画家として住んでいる
水沢アキさんの娘さんフランキーさんの
描く作品などについてはこちらの記事ごご覧下さい。

テラスハウスの新メンバー フランキーは水沢アキの娘だった
 彼女の描いた作品が独創的で素敵すぎる!

しかし、水沢さんが行ってきた
その子育ての方法には大きな問題が…

水沢アキが息子ジュリアンに行ったDVは虐待?私の何がイケないの

今回、息子のジュリアンさんが
『私の何がイケないの?』で

母親である水沢さんが今までに行ってきた
子育て方法について告発するのですが、

その内容というのが

「子供のころから母に殴られ、蹴られ、ツバを吐かれた」

というもの。

ジュリアンさんは27歳になっても
未だ消すことの出来ない
大きなトラウマを抱えながら生きており、

当時は地獄にいるような
時間を過ごしていたと番組内で語っています。

水沢さんはお子さんが小さな頃から
子育ての中で、日常的に殴る蹴るなどの
DVはもちろん、

時には、罵倒しながら顔につばを吐くなど

肉体的苦痛だけでなく、
精神的にもお子さんを追い詰めるような
子育てを行っていたそうです。

水沢さんは離婚後バブル崩壊によって
自身で行っていた不動産投資で
6億5千万円もの借金をしてしまったそうで、

女1人で子供2人を育てながら
借金返済を行うことになったため

そのストレスを家庭の中で
子供にぶつけるようになってしまったそうです。

番組内で水沢さんは

親は子供に教育を与えることが一番の在り方で
自分はその環境を十分に与えた

そのため、ジュリアンさんは
ハーバードと同じレベルの大学
ブラウン大学に入学し、主席で卒業した

また、6億円以上あった借金を
月に200万以上を返済に充て
きちんと借金は返しきった

と、少し誇らしげに披露し

なんだか、そのため
育児の中で手をあげた瞬間があったとしても
それは仕方がないことだった

と言わんばかりの態度が印象的でした。

江角さんに

それはお母さんのエゴでしかない

と、バッサリ切り捨てられる一幕もありましたが、

それに対し、水沢さんは

優しいお母さんで幸せとは限らない

 

良い母親も悪い母親役もできるし、
全て演技の仕事にプラスになっている

 

私に感謝の気持ちがないから
(俳優の)オーディションに受からないんだ
 

と、独自の意見を述べていましたが
スタジオから共感を得ることは出来ませんでした。

 

確かに最近は”怒らない育児”などを
取り入れる家庭も多く、

怒らない優しいお母さんが増殖していますが、

確かに私個人としても、
怒らない叱らない子育ては

子供が大きくなった時に
他人(先生など)から怒られる叱られる
といったことが発生した時に

その怒られるという行為に
耐性がついていないため、

怒られるという”行為”そのものが
その子にとって
大きな心の傷やトラウマに繋がったり、
また、逆ギレするような子に育つ可能性があるため、

優しいばかりの怒らない子育て方法については
疑問に思っている部分があるのですが、

水沢さんの子供を追い詰めるような
子育て方法は、

怒らない子育て以上に
行ってはいけない方法になります。

以前、『徹子の部屋』
水沢さんとジュリアンさんが
一緒に出演したことがありましたが、

その時にジュリアンさんが
ブラウン大学を卒業した後、
ニューヨーク大学の大学院で
演劇を学んでいることを水沢さんは

・大学にはトップの成績で入学した
・トップ校、全てに合格
・とにかくすごく勉強した

と、教育ママ的な一面を見せ
息子さんの自慢話を繰り広げていました。

しかし、
ジュリアンさんは
母の暴力から逃れるために

小さな頃から猛勉強し、
海外の大学に進学したのかもしれません。

ジュリアンさんは大学院を卒業した後も
生活の拠点をアメリカにしているのですが、

その理由についてもやはり、
母である水沢さんとの確執が
最大の原因となっている可能性は高そうです。

Sponsored Link

水沢アキと娘フランセス・スィーヒ フランキーの確執の原因は?

現在、水沢アキさんのさん
フランセス・スィーヒさん(愛称:フランキー
が、画家としてテラスハウに出演しています。

フランキーさんはテラスハウスに出演するにあたり
”水沢アキの娘”ということは公にしていません。

というのも、

水沢さんとフランキーさんとの間にも
過去に親子の確執が生じており、

その確執については
ジュリアンさん以上のものとなっています。

水沢さんとフランキーさんとの確執も
以前テレビ番組『爆報!THE フライデー』

で取り上げられたことがあるのですが、

水沢さんは、娘のフランキーさんに対し、
兄のジュリアンさんと徹底的に比較して
子育てを行ってきたそうです。

フランキーさんは小さな頃から
絵を書くのが好きで
10歳の頃には将来アートスクールに行き
画家になろうと決めていました。

しかし、水沢さんは根っからの教育ママ。

フランキーさんの画家になりたいという夢は
母親である水沢さんに
否定されていたであろうことは想像するに容易いです。

フランキーさんは兄のジュリアンさんと
比較された水沢さんの子育てに嫌気が差し

15歳で家出。

フランキーさんは父である
ガイ・スィーヒさんの元に行き、

その後水沢さんの住む家に
戻ることはなかったそうです。

水沢さんがフランキーさんに会いに
アメリカに行ったこともあったそうですが、

フランキーさんはわざわざアメリカまで
会いに来た母親とは会おうとはせず、

親子の縁はそのまま断絶状態となってしまっていました。

しかし、『爆報!THE フライデー』の
番組内で2人は和解しているのですが、

フランキーさんが水沢さんに
宛てた手紙の中で

『当時、あなたに殴られたことは忘れられません』

といった衝撃の内容も書かれており
水沢さんは娘のフランキーさんに対しても

ジュリアンさんと比較しては
手をあげていたことも明らかになっています。

フランキーさんは家出後、
母親である水沢さんの戸籍から
自分の戸籍を抜き、
父親の戸籍に移す
までしている
のですが、

このことからも
フランキーさんが母親である水沢さんに抱いた憎しみは
相当なものだと考えることが出来ます。

フランキーさんはよく母親のことを許せたなと思いますが

フランキーさんが水沢さんよりも
大人だったのかもしれません。

ジュリアンさんもフランキーさんも
幼少期に大きなトラウマを抱えながら
しっかり成長されていますね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ