殿、利息でござる原作無私の日本人映画化!あらすじネタバレ感想!実話

個性派俳優として人気が高い阿部サダヲさん主演で、

磯田道史さん原作『無私の日本人』に収録されている『穀田屋十三郎』の映画化が決定しました!

今回の映画『殿、利息でござる!』は物語はもちろん面白いのですが、

主演されるキャストが魅力的で、主演の阿部サダヲさんに始まり、瑛太さん、妻夫木聡さん、千葉雄大さん、竹内結子さんなどなど!!

もう、映画化まで待てない!!ということで早速原作本を読んでみましたので、本の内容を少しネタバレしていきたいと思います。

Sponsored Link

『殿、利息でござる!』の映画公開日にキャストは?

気になる映画の公開日は2016年5月14日!

豪華俳優陣が集結して制作される『殿、利息でござる!』の主な登場人物キャストのご紹介!

✩阿部サダヲ/穀田屋十三郎(主人公)
自分の住む吉原宿が廃れていくのを目の当たりにし、なんとか吉岡宿を救うための策はないかと考えている。

✩瑛太/菅原屋篤平治
吉岡宿きっての知恵者。十三郎と同様に吉岡宿の行く末を案じ、吉岡宿復興のため奇策を練り十三郎らと共に奮闘する。

✩妻夫木聡/浅野屋甚内
十三郎の弟。ケチでしみったれな金貸しだが、その裏の顔は・・・

✩寺脇康文/遠藤幾右衛門
『人情の人』 肝煎(村役人)歳がいってから出来た子供を溺愛している。いざという時頼りになる。

✩きたろう/穀田屋十兵衛
『揺れる人』 十三郎の叔父。思い込みが激しいところもあるが、根は優しい。

✩千葉雄大/千坂仲内
『優柔不断の人』 大肝煎(最上位の村役人)若いながらも町をまとめている

✩橋本一郎/早坂屋新四郎
『ケチな人』 かなりの優柔不断。今最もハマっているのが温泉掘り

✩中本賢/穀田屋善八
『勘違いの人』 おときが好きで狙っている。見栄っ張りな一面も。

✩西村雅彦/遠藤寿内
『名誉欲の人』 噂好きのかっこつけ。なかなか人を信用せず疑い深い性格。

松田龍平/萱場杢
藩の財政を預かる冷酷無比な役人かつ、かなりの知恵者。

竹内結子/とき
男やもめの十三郎が想いを寄せる飯屋の未亡人。『無私の日本人』にも、その元となった『國恩記』にも登場しない映画オリジナルの役どころ

草笛光子/きよ
十三郎、甚内の母親

山崎努/先代・浅野屋甚内十三郎

十三郎、甚内の父親

✩印がついているのは吉原宿救済のため私財を投げ打って金銭を工面した9人の同士

原作小説『無私の日本人』のあらすじ(ネタバレ含む)感想!

ここからは原作本のネタバレが含まれるのでご注意下さい。

 

舞台は今から240年ほど前の江戸時代中期、仙台藩吉岡宿。

当時の吉岡宿は生活に困窮する人が多く、飢饉が起きる度に吉岡宿から出て行ってしまう人が増えていた。

というのも、吉岡宿は重い年貢の取り立てだけでなく、伝馬役という大変な課役も追わねばならず、

人が減ればその減った分、残った人々らに負担がのしかかっていくため、更に人が減るという悪循環に陥いっていた。

そんな時、このままでは吉岡宿が廃れてしまう、何とか吉原宿を救う手立てはないかと考えたのが、穀田屋十三郎だった。

ある日、十三郎は吉岡きっての知恵ものである菅原屋篤平治に吉岡宿救済の相談を持ちかけたことで、

菅原屋も吉岡宿の今後を案じていたことを知る。

菅原屋がそこで吉岡宿救済に向けて十三郎に明かした奇策というのが、前代未聞の策で

吉岡宿が藩に大金を貸付け、その利息をとる側に回るというものだった。

取られる側から取る側へ回るという、逆転の発想!

無謀とも思えた計画だが、困窮する吉原宿を救うためにはやるしかない。

腹を括った2人は同士を9人に増やし、私財を投げ売り、妻や子供も売り渡す覚悟で資金繰りに奔走する。

ネタバレ① 嘆願書たらい回し事件

”藩に大金を貸す変わりに毎年利息を支払って貰う”という前代未聞の奇策であったが、

方々に根回ししてようやく藩に嘆願書が提出された。

しかし、役人らにたらい回しにされ二ヶ月以上も待たされた挙句、

前例がないため「吟味しにくい」という理由で却下されてしまう。

 

お上に怖気づいた大肝煎の千坂の態度に激昂した菅原屋は朝まで千坂を説得し続け、

根負けした千坂はようやく嘆願書の再提出を了承する。

その後、最初に味方になってくれた代官の橋本を頼り再度嘆願書を提出出来ることに。

ネタバレ② 萱場杢にしてやられる

代官の橋本の計らいにより再度提出した嘆願書だったが、またしても嘆願書が返却される。

返却された嘆願書には小さな紙片が挟まっており、

そこには”金の小判千両で献上せよ”と書かれていた。

 

元々、貧しい吉岡宿には金の小判が流通していないため、

嘆願書には金千両にあたる寛永通宝五千貫文(五百万枚)を献上すると記載していたのだが、

少しずつ鋳造が進み銭相場が下がっていることに着目した藩の財政担当の萱場は、

寛永通宝ではなく金の小判で提出するようにと要請してきたのだった。

仙台藩の台所事情も悪化していたこともあり、搾り取れる所からは搾り取ってやろうという、

仙台藩きっての知恵者の萱場にしてやられたという感。

千両小判にするには寛永通宝で後、八百貫文(八十万枚)が必要で、

貧しい吉岡宿の村民らにとって五千貫文を用意するだけでも死ぬ思いだったにも関わらず、

そこに更に厳しい上乗せがあり、十三郎と菅原屋は意気消沈していた。

ネタバレ③ 浅野屋甚内はケチでしみったれではない

私財を投げ打ってどうにかこうにか作った五千貫文に更に八百貫文を上乗せされ、意気消沈していた十三郎と菅原屋だった。

浅野屋甚内にそのことを相談に行き、事の顛末を話すと

既に浅野屋だけで千五百貫文を出しているというのに、更に五百貫文を自分が引き受けると言う。

 

映画では浅野屋甚内のことをケチでしみったれた金貸しと紹介されているが、元々吉岡宿の行く末を一番最初に案じていたのは、

十三郎と甚内の父親で先代の六代目浅野屋甚内だった。

六代目浅野屋甚内は亡くなる寸前まで吉岡宿の行く末を案じ、

浅野屋の銭は吉岡宿を救うための資金とし、他の事には一切使わないで欲しいという遺言を残しており、

浅野屋甚内は先代の言葉の通りに質素倹約に励み、吉岡宿救済のためにと日々小銭を貯めていたのだった。

既に家業が廃業しようとも一家離散しようとも吉岡宿を救えるのであれば構わないと浅野屋甚内は覚悟を決めていた。

Sponsored Link

ネタバレ④ 結末どうなる?

寛永通宝にして五千八百貫文、金の小判で千両という途方もない金額を集めた十三郎達は、ようやく仙台藩にその金を上納することが出来た。

十三郎と菅原屋が密談を交わしてから約六年の歳月が経っていた。

”9人の同士がそれぞれ工面した金額”

浅野屋甚内  銭二千貫文
穀田屋十三郎 銭五百五十貫文
菅原屋篤平治 銭五百五十貫文
千坂仲内   銭五百五十貫文
遠藤幾右衛門 銭五百五十貫文
穀田屋十兵衛 銭五百五十貫文
遠藤寿内   銭五百五十貫文
早坂屋新四郎 銭三百貫文
穀田屋善八  銭ニ百貫文

そして実際に仙台藩から利息として吉原宿に金が支払われるようになったことで吉原塾は幕末まで人口が減ることはなく、

仙台藩から利息の他に褒美として9人に賞金を渡されたこともあったが、この賞金も宿場に住む者らに均等に配られたという。

 

その後、一人で大きな借金を背負った浅野屋は商売が立ちいかなくなり、

(※当時の千両が現代でいくら位の価値になるのか細かい所は分かりませんが、映画では約三億円だと謳っています。

浅野屋甚内はたった一人で二千貫文、約1億円を用意したということになります) 

更には質屋にやってくる貧乏人に返す宛もないのに金を貸し続けていたため、

このままでは店が潰れてしまうのではないかと皆が心配していた。

しかし、浅野屋の振る舞いを見た上客らが、どうせ金を借りるなら浅野屋がいいと言い始めたため、浅野屋は繁盛するようになったという。

また、藩主の耳に浅野屋の行いが届いたことで、甚内の顔が見てみたいと藩主自ら甚内に会いに行き、

藩主は書に優れている甚内に文字を書かせては喜び、自身も甚内に

・霜夜
・寒月
・春風

と、書いた書を酒屋も商いにしていた甚内に渡し、酒銘にせよと言い残した。

浅野屋の酒は殿様が名付け親だということで大きな評判になり、浅野屋は潰れずにすんだという。

 

その後、穀田屋十三郎は死の淵で

「わしのしたことを人前で語ってはならぬ。わが家が善行を施したなどと、ゆめゆめ思うな。何事も驕らず、高ぶらず、地道に暮らせ」

と、家族に言い残したこともあり、この偉業が今まで大きな話題になることはなかった。

 

今回、映画化の話を先に知って読んだ本だったので、阿部サダヲさん主演ということで

勝手にコメディタッチの本だと思い込んでいたのですが、いい意味で裏切られました。

ほっこりとしみじみいい話で、しかもこれが実話だなんて感動しきり!

歴史物ですが、中身はドラマティックな内容なのでこれが映画化されたら、

面白くないわけがないだろうという印象だったので、この作品は映画館に見に行きたいなぁと思っています。

 

中村監督が「今回ほどキャスティングに時間を使った映画はありません」と語っていますが、

原作ではこの偉業に携わった9人全てのキャラが細かく描かれている訳ではないので、

映画でこの9人がどんな風に描かれているのか見るのが楽しみです!

原作本『無私の日本人』に収録されている「中根頭東里」「大田垣蓮月」もとってもいい話なので、

原作本もたくさんの人に読んで欲しいなぁと思います!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

共演NG×芸能人一覧

あべまの歌詞が怖い!

最近の投稿

このページの先頭へ